ウチの弟が任意整理をした時のお話…債務整理は意外と簡単らしい

弟が任意整理をした時のお話…債務整理は意外と簡単らしい

 

 

ふーん姉さんにはアフォな弟がいるんですけど、コイツがかなり前にアフォな理由から借金をしていました。

 

結局弟は弁護士に依頼して債務整理の中の任意整理をして借金問題を解決したんですけど、これは意外と簡単だったらしいです。

 

だけど借金の理由、何だと思います( ´_ゝ`)?

 

いくつか借金の理由が複合的に重なったんですけど、一番の理由なんだと思います?

 

( ´_ゝ`)

 

( ´_ゝ`)…

 

答えは…

 

( ´_ゝ`)……

 

ズバリ、整形ですwwwwwwww

 

男のくせに整形ですよ?もう草生えちゃいますよwww←草

 

いや、草生やしている場合じゃないですなw

 

なんでもワシ鼻の手術と二重の手術をしたらしいです(゜Д゜)

 

しかも整形前と後でほとんど違いがわからねぇwww

 

世の中にはこんなアフォ男もいるんですから、ギャンブルで借金作ったとか、買い物依存症位で弁護士に債務整理の相談するのが恥ずかしいとか言ってちゃいけませんなw

 

ほんと我が弟ながらアホすぎてなんて言っていいかわかりません
( ;´_ゝ`)

 

そして、この借金でいきなりロケットスタートしたウチの弟は、借金をした事を皮切りに借金癖が付いてしまったようで、その後も美容師の資格を取るために50万円のほか、なんだかわけのわからない借金をいくらか作ったようで、総額で結構高額な金額の借金を作ってしまってたよーですw

 

しかしほんとマジでバカな弟ですけど、
やっぱり借り方が派手な事と、たまに支払いが出来なかったのか督促状が家に届いた事で家族にバレてしまったんですわw

 

普通借金をしていても今の時代、家族に内緒で借金しようとすれば普通に出来てしまいます。でも家に督促状が届いた事と、当時まだ健在だったウチの爺さんの探索癖が相まったおかげで、わりと早期に借金の存在が明らかになったわけです( ´_ゝ`)

 

しかし家族に借金の存在が発覚しても、弟も家族も弁護士に相談して債務整理するという考えにはまだ至っていませんでした。

 

スポンサーリンク

 

弟の借金には過払い金が発生していた

 

 

そのまま数年間弟は借金を支払い続けていたんですけど、当然自分だけではやりくりできなくて随分と爺さん&母ちゃんに面倒をかけていましたw(ふーん姉さんは直接的にはノータッチw)

 

月々の携帯代も払う事が出来なかったり、年金とかその他の支払いが出来ずに督促状が来た時にはウチの家族が支払っていましたwww

 

でも、ある時弟が借りている金融業者から支払い明細か何かよくわからないものが届いたんですよね( ´_ゝ`)

 

それを爺さんが持ってきて、ふーん姉さんと母ちゃんに見せてきたんです。

 

爺さんは歳をとっていたからなのか全然気づいていなかったんですけど、母とふーん姉さんは支払い明細に書かれている情報を見て「絶対なにかおかしい!返済期間の割に借金が全く減っていないじゃないか!怪しい!」とピンときてしまったんですわw

 

だって、数年間支払い続けてほとんど減ってないんですよwwwおかしいですよねw

 

当時弟が借りようとして爺さんに発見され、結局借りる事ができなかった消費者金融も名前すら聞いた事が無いような所だったし、変な所で借りててもおかしくない状況でしたw

 

それを聞いた爺さんがすかさず金融業者に電話して文句を言ったところ、金融業者側は「弁護士に相談したところでどうにもならない」とか、かなりのハッタリをかましてくれました( ´_ゝ`)

 

今でも過払い金請求を自分で行ったり、任意整理を自分で行おうとするとこういったハッタリをかます業者が多いらしいので要注意ですよ。

 

業者の言う事は鵜呑みにしてはいけませぬw

 

そして、借金の支払いに関して不自然な点が多い事を弟に告げた時になってようやく弟が重い腰を上げ、弁護士に相談する事を決意したくさいです( ´_ゝ`)

 

結果的に、当時の弟の借金には過払い金が発生していました。

 

債務整理の種類と過払い金について

 

 

借金を法的に整理する事を債務整理って言うんですが、債務整理には4種類の方法があります( ´_ゝ`)

 

それが任意整理・特定調停・個人再生・自己破産です。

 

このうち、借金が払えない人がよく使う手法が任意整理という方法です。個人再生は住宅ローンが払えなかったり、借金額が数百万円以上に上る人なんかが使う事が多い手段で、自己破産は借金をゼロにしたい人や他の方法を使ったけど結局借金を支払いきれなくなった人、借金が払える額ではなく完璧お手上げのムリゲーって人なんかが使う手段です。

 

4つの特徴に関してはふーん姉さんの記事のネタが尽きたら書いてみようと思ってますけど、ウチの弟が執った手段はこの中で一番気軽に出来て家族にもバレにくい方法である任意整理という方法です。

 

既に弟の借金は家族にバレてましたがねwww

 

もしも今借金を抱えていて、家族にバレずに債務整理を行いたいという場合には、任意整理が一番バレにくい方法なんじゃないでしょうかね
( ´_ゝ`)?

 

それ以外の方法で債務整理を行うと、特に自己破産なんかはバレずに済ませる事は大変難しいと思いますよ。

 

過払い金とは?

 

過払い金とは、現在の法律で定められている法定金利以上で利息を支払っていた場合に、支払い過ぎた分を返せコノヤロー!と貸金業者側に請求することが出来るものです。

 

ただ、電話で返せコノヤロー!わかったぜ口座教えろちきしょー!とかの簡単な話ではなく、きちんと今までの取引明細を業者から取り寄せた後に、引き直し計算ソフトで正しい過払い金の金額を計算し直し、過払い金返還請求を行わなければなりません( ´_ゝ`)

 

借金をしている人の中には、自分も長い間借金を返済し続けているから過払い金が発生しているのでは?と思う人もいるかもしれませんけど、基本的には平成20年以前に借り入れ・借金返済を続けてきた人が主な対象で、それ以降に消費者金融から年率20%以内で借り入れ・返済を行ってきた人には過払い金はほぼ発生しませんのでご注意くだされ

 

ちょっと前はテレビとかで過払い金があるかもしれません的なCMをよくみかけませんでしたか( ´_ゝ`)?法律事務所の。

 

アレ、気付いている人もいるかもしれませんけど、最近になってなんちゃら肝炎の給付金の請求に切り替えられてますよね?

 

これ何故だかわかります?

 

そろそろ、過払い金がある人の多くが時効を向かえちゃうんですよ。

 

平成30年以降から随時過払い金返還請求の時効を向かえちゃう人が大量に出てきます。過払い金返還請求で取り戻せる金額の平均が90万円以上っていうのを見る限り、これは非常にもったいないですねぇ。

 

既に過払い金返還請求が鎮火しつつあるので、大手法律事務所は次の稼ぎ頭に狙いを定めているみたいです( ´_ゝ`)

 

弟は数年前に過払い金返還請求と任意整理を行って…というより、任意整理をするつもりで弁護士に相談したら、正確な借金額を計算する段階で過払い金の存在が発見されたという王道コースを辿っていきましたとさw

 

 

弁護士や司法書士さえ見つけてしまえば任意整理は簡単にできる

 

 

債務整理は依頼する弁護士や司法書士を見つけてしまえば、後は非常に簡単に債務整理の手続きを進めていくことが出来るらしいです( ´_ゝ`)

 

弟は弁護士に相談したらしいですけど、弟がした事と言えば、弁護士に相談する→契約書とか書いて金払う→結果待ち→契約書書く→残債の支払い…これだけですw

 

弟の場合は過払い金がかなり発生していたものの、過払い金と相殺しても尚残債が残ったようです( ´_ゝ`)

 

だけど任意整理をした結果、弁護士が金融業者と交渉してくれたおかげで今後の利息は発生しない事になって、月の支払い金額も自分が払いやすい金額に値下げされましたw

 

要は任意整理をしたおかげでこれから今まで以上に低い金額でチンタラ返済していっても、利息が一切発生しないから元金だけを返済するだけで済むっていう事です。

 

そのかわり弁護士には、これで返済が滞るようなら次は自己破産するしか無いって言われていましたw

 

クソ弟のクソみたいな借金問題はこんな形で決着が付いたようです。借金の相談や弁護士を見つけるまでが大変かもしれませんけど、弁護士への依頼からはとても簡単だったそーです( ´_ゝ`)

 

なんでも数か月間、弁護士に金を分割で払う意外にやる事がほとんど無かったそうですw

 

あまりに弁護士事務所から連絡が無いものだから少々不安になったらしいですけど、水面下では着々と交渉が進められていたみたいですな。

 

法律事務所によっては過払い金が発生している場合、取り戻した過払い金の中から弁護士費用を引いてくれる所もあるらしいですw

 

弟が言うには、分割払いが終わる頃になってようやく金融業者との契約書とか結果報告が来たから、多分もっと早く話し合いは終わってたと思うけど金払い終わりそうになるまで弁護士事務所側で延長されてたんじゃないかとの事ですwww( ´_ゝ`)

 

次回は弁護士や司法書士の見つけ方とか依頼の方法について書いてみたいと思います
(´∀`)

 

債務整理の際の弁護士や司法書士の見つけ方と依頼方法

 

スポンサーリンク


このページの先頭へ戻る