債務整理の依頼をするなら弁護士と司法書士どちらがおすすめ?

債務整理の依頼をするなら弁護士と司法書士どちらがおすすめ?

 

 

債務整理の依頼をする場合、弁護士と司法書士のどちらがおすすめなんでしょうか( ´_ゝ`)?

 

今回はそんなお話ですw

 

債務整理の手続きは任意整理や特定調停、個人再生に自己破産と色んな手続きがあります。この中で、やってやれない事はないけれどちょっと難しいのが任意整理で、後の手続きは自分でやるのはかなり至難の業だそーな( ´_ゝ`)

 

実際債務整理の手続きをしている人のほとんどは弁護士もしくは司法書士に依頼をしています。

 

債務整理の依頼をしようと思った時に迷うのが弁護士と司法書士のどっちを利用しようかな?って事です。どちらがおすすめなのかに関しては弁護士にしておけば無難だよねーって多くの人は思いますよね( ´_ゝ`)

 

実際弁護士に依頼するのと司法書士に依頼するのではどういった違いがあるのかとか、そのあたりを書いていきますw

 

スポンサーリンク

 

弁護士と司法書士に依頼した場合の違いについて

 

債務整理で弁護士と司法書士に依頼した場合の違いですけど、かかる費用面で見てみると司法書士の方が若干安いイメージです。といってもべらぼうな差は無いという感じがします(´・ω・`)

 

弁護士費用も司法書士費用もそれなりに高いので、後は事務所の料金設定次第ってところです。

 

大きな違いとしては、140万円以上の案件が扱えるかどうかって部分になります。借金額や過払い金の金額が140万円以上の場合、弁護士しかその案件を扱う事ができないって聞いたことがあるんですわ〜
( ´_ゝ`)

 

この他にも裁判所が絡む手続きでは、司法書士では手を出せない部分があるそうなのでそこも少々違いがあるみたいです。これは下の方で解説してみますねw

 

弁護士なら全ての権限があるので無難だけど司法書士も悪くない

 

 

弁護士は司法書士と違って法律が絡む問題に関するほとんどの手続きの代行をする事が出来ます( ´_ゝ`)

 

司法書士は弁護士に比べると代行できる事の権限の幅が狭いのがネックとなります。

 

それではあえて司法書士に依頼するより、初めから弁護士に依頼すればいーじゃんwって思う人も多いかと思われますけど、借金や過払い金が140万円以下の案件で、なおかつ手続きを進めていったとしても全く裁判所が絡む事が無さそうな場合は司法書士に依頼したとしても何の支障もありません。また、債務整理にかかる期間や結果についても弁護士に依頼したのと何ら変わらないケースが多いです。

 

なので裁判所を通さない任意整理や、金額が超高額でない過払い金返還請求くらいなら司法書士に依頼して手続きをお願いするのも悪くないかもしれませんな( ´_ゝ`)

 

弁護士にしても司法書士にしても、結局はそこにいる士業の人の性格や対応次第ですw

 

仕事しない・報告・連絡ができない弁護士よりは信頼できる人柄の司法書士の方が良いでしょ?という事ですなw

 

まぁふーん姉さんの知り合いは、司法書士の上に性格が破たんした人がいる所に問い合わせしちゃったことがあるらしいですけどね( ´_ゝ`)

 

債務整理で弁護士に依頼した方がおすすめなケースとは?

 

 

ではでは、債務整理で弁護士に依頼した方がおすすめなケースにはどんなものがあるんでしょうな(´・ω・`)?

 

これについてもサラッと調べてみたので、債務整理するかもしれない人は参考にしてみてくだされ( ´_ゝ`)

 

債務整理で借金や過払い金の金額が140万円以上ある場合

 

上の方でもちょっとだけ取り上げましたけど、司法書士は現在の時点では借金額や過払い金の額が140万円以上の案件は扱う事ができないと言われています。

 

なので借金額が高額な人なんかは弁護士に依頼をした方が良いという事になります( ´_ゝ`)

 

債務整理には裁判所を通さないで手続きできる任意整理と、裁判所を通して手続きしていく個人再生や自己破産があります。特定調停は得られるメリットが少ないので行う人は少ないようですねw

 

借金額が多ければ多いほど、裁判所を通した手続きをすることになる可能性が高くなりますし、過払い金が高額になればなるほど金融業者も満額での支払いを渋るので裁判にもつれ込みやすくなります。

 

裁判所を通した手続きをする場合、司法書士では代行する事ができない手続きがあるので、自分で行わなければならないものがあり、手間が増えるというデメリットがあるので弁護士に依頼するのがおすすめという事になります。

 

自己破産や個人再生などの裁判所を通す手続きを希望するケース

 

上記の事から、自己破産や個人再生といった裁判所を通す手続きを希望している場合も司法書士より弁護士の方がおすすめなケースとなります
( ´_ゝ`)

 

自己破産や個人再生は裁判所で裁判官との面談とか、色々な手続きを踏まなければなりませんけど、司法書士に依頼するとこの手続きの中でいくつかは自分で裁判所に出向いて行わなければならなくなります。

 

司法書士に依頼した場合でも個人再生や自己破産の手続きは進めていけますけど、必要な書類なんかは作ってくれても手続きは自分ですることになるケースもあるので注意が必要です。

 

借金額が数百万円とかで、任意整理は考えていないという人に関してはあらかじめ司法書士ではなく弁護士に依頼をする方向で探していった方がおすすめと言えるでしょう(´・ω・`)

 

闇金からの借金があるケース

 

 

コンビニのパンの話をしているのにスーパーの時給の話をしてくるくらい理屈が通じないのが闇金業者ですw

 

闇金は映画とかドラマとかでよく出てくるので、取り立てが恐ろしい事はみんな知っていても、実は意外とその実態を知らない事が多いみたいです( ´_ゝ`)

 

ここを見てる大半の人は縁がないと思いますけど、一応かなりサクッと書いておきますねw

 

闇金とは借金を完済させてもらえずにクソ高い利息ばかりをアホみたいに取り立ててくる違法な貸金業者の事ですw

 

最近ではソフト闇金みたいな金利が少々闇金より低めで、一応完済させてくれる業者も存在しているみたいですけど、普通の闇金は借りたら終わりな金融業者という事になります( ´_ゝ`)w

 

要は借りてもすぐ返せばいいやってのが通用しないのが闇業者なのであります。

 

こういったタチの悪い闇金に引っかかってしまった場合も、闇金業者に対応している大手弁護士事務所や司法書士事務所に依頼をすれば解決は可能です( ´_ゝ`)

 

闇金の場合は向こうも違法なのを承知で、しかも法律の知識が割とある業者もある事があるんで、やれる事の選択肢が広い弁護士の方がナメられずに済むらしいですねw

 

でも、借りた所が悪いと弁護士に依頼してもしつこく電話をかけてくる所もあるそうです。弁護士とかを通した上で払わずに無視を決め込むのがいいそうですねぇ( ´_ゝ`)

 

まぁ初めから借りないのが一番ですけど。

 

弁護士や司法書士は自分の状況や相性に合う所を探すのがおすすめ

 

 

債務整理は短ければ3か月程度、長ければ一年以上定期的にやり取りしたり、裁判所に出向く際に会ったりと、結構長いお付き合いになる事が多いです。

 

なので弁護士や司法書士を選ぶ際には、自分の借り入れ状況を考慮してどちらがいいか考えた上で更に自分と相性が良い人がいる事務所を探すのがおすすめです。

 

弁護士にしても司法書士にしても税理士にしても何にせよ、士業の人とは相性も大切です。

 

債務整理をする間だけとはいえ、嫌なヤツに依頼してしまうとストレスになる事もあるらしいので注意してくだされ( ´_ゝ`)

 

スポンサーリンク

 

 

【債務整理】弁護士費用・司法書士費用と借り入れ件数の関係性

 

債務整理の依頼をするなら弁護士と司法書士どちらがおすすめ?関連ページ

債務整理で任意整理をした知り合いAの体験談
債務整理で任意整理をした知り合いAの体験談の中で、これから任意整理をしようと思っている人に参考になりそうな事についてメモしています。
任意整理をした人の体験談を聞いたら…ちょっぴり後悔していた
債務整理の手続きの一つ・債務整理をした人の体験談を紹介してます。任意整理をしたそうですけど、後悔半分、やって良かった半分だったらしいですよ。一体なぜ?
債務整理の際の弁護士や司法書士の見つけ方と依頼方法
債務整理をする際に一番の壁になっているのが弁護士や司法書士を見つけて依頼する方法です。弁護士や司法書士の見つけ方と依頼方法について書いています。
ウチの弟が任意整理をした時のお話…債務整理は意外と簡単らしい
ウチのアホな弟が任意整理をした時のお話w債務整理は意外と簡単らしいです。自分がやる事もほとんどないくらい簡単だそうですw

このページの先頭へ戻る