冷酒の手作り化粧水の作り方

冷酒の手作り化粧水の作り方

 

冷酒の手作り化粧水の作り方

 

前回のレモン酒化粧水に引き続いて、今度は冷酒を使った化粧水の作り方です(´_ゝ`)

 

 

日本酒の原材料である米ぬか。
米ぬか石鹸等で知られてるように、美容にとてもいいそうですねぇ

 

 

昔の日本女性は、体や顔をぬか袋で洗ったり、洗顔したあとに日本酒をそのままつけたりしていたそうです

 

 

そんな日常を送ってた時代の日本女性の肌質は、世界で一番だといわれていました
(゜Д゜)・・・おいおい、マジかよw

 

 

日本酒に含まれている成分・オリザブラン

 

オリザブランはブドウ糖とか果糖などの糖質が4万以上も組み合わさった物質で、日本酒を肌につけるとしっとりとしみこんでくるように感じるのはこの成分によるものです

 

 

どっかの実験結果なんですけど、肌荒れしてる女性25人に このオリザブランを加えた化粧水を1日2回、片方に2週間塗って肌の状態を調べたそうです

 

 

 

結果、オリザブランを塗ってない方の頬を調べたら、17人が肌荒れのままで、8人が普通肌になったとか。

 

 

オリザブランを加えた化粧水をつけた方の頬を調べたら、13人が美しい肌の数値が出て、10人が比較的美しい肌、2人が普通肌、1人は肌荒れのままという結果がでたそうな(゜Д゜)

 

 

これはさすがに話盛りすぎだろwww ってふーん姉さんは思うんですけど、
お金をあまりかけずに手軽に作れる冷酒の化粧水。
更に昔から使われている米ぬかの成分が入ってて お肌のキメを細かくしてくれるとあれば試してみて損は無いかと思われます(´_ゝ`)

 

 

 

 

この冷酒・日本酒の化粧水は舞台に立つ女優さんの間でも長いこと使われてきた伝統らしいです
舞台メイクの時に日本酒に粉をといて白塗りすると化粧のりがいいんだとか

 

 

そういえば、酒のアルコールは皮膚の血管を広げて血行を良くしてくれるんだそうですよ。

 

 

でもアルコールが苦手な人は、鍋で沸騰させて

 

 

アルコールを飛ばしましょう(´_ゝ`)

 

 

 

冷酒の手作り化粧水の作り方

 

 

ふーん材料

 

 

・冷酒    200ml

 

 

・精製水 (薬局で手に入ります) もしくは浄水器の水 あるいは一度沸騰させて冷ました水道水かミネラルウォーター  80ml

 

 

・化粧水を入れる容器

 

 

 

ふーん作り方

 

 

@アルコールが苦手な人は冷酒を沸騰させてアルコール分を飛ばす。
化粧水を入れる容器に冷酒を入れる。

 

 

A @に精製水を入れる。入れる量はお好みで、お肌に合わせて加減してください

 

 

 

B容器のふたを閉めて軽く振って混ぜる。

 

 

・常に冷蔵庫で保管し、使った後も冷蔵庫で保存する。2週間を目安に使い切る

 

 

・日本酒が沈殿するので毎回よく振ってから使用すること☆

 

 

 

・吹き出物などが気になる人は、10mlのお酢を入れると良いです

 

 

スポンサーリンク

 

果実酒作りに挑戦☆果実酒の作り方とレシピ

 

ヒアルロン酸たっぷり!手作り化粧水の作り方

 

 

 

冷酒の手作り化粧水の作り方関連ページ

レモンと日本酒の手作り化粧水の作り方
レモンと日本酒で作る手作り化粧水の作り方。レモンのビタミンCと日本酒の保湿効果が一緒になった化粧水です
ヒアルロン酸たっぷり!手作り化粧水の作り方
ヒアルロン酸たっぷりの手作り化粧水の作り方。ヒアルロン酸は1mlに対して6000mlの水分をくっつけて蓄える力があります☆化粧水に上手にヒアルロン酸を取り入れて活用してみましょう

このページの先頭へ戻る